ソフトの特徴

DWG互換CADと言われても、よくわからない上に、一般的なCADと比べて何が異なっているのか知らない人もいるでしょう。実際に導入したことがある会社で勤務している人や、設計に精通している人であれば知っているでしょうが、初めて導入する人の場合には、不安なことや疑問に思うこともあると思います。DWG互換CADというのは、DWGデータの編集や作業を行える高いデータ互換性を実現させたソフトです。

一般的によく使用されている種類は、AutoCADと呼ばれている種類なのですが、このソフトはとても優れており、たくさんの機能が使用できる反面、導入費用が高くなってしまうというデメリットがあります。そんなAutoCADのデータにも対応できるので、最近では導入する企業が増えてきたと言えるでしょう。ただし、AutoCADの最新バージョンには対応できないこともあります。

しばらくすると対応できるようになっているのですが、それまでの期間が長い場合もあるので、必ずしもメリットだけだとは限りません。操作方法などもAutoCADとあまり変わりありませんので、実際に導入したからと言って、操作方法に戸惑ってしまうようなことは殆どないでしょう。もちろん全く同じというわけではないので、一部機能が追加されている場合や、使えなくなっている機能もあります。