種類が多いCAD

設計を行っている企業では、必ずと言っても過言ではないぐらい設計ソフトを導入しています。その設計ソフトは、大半の企業がCADになっていることが多いでしょう。しかし、CADにもいろいろな種類が存在しているのですが、導入費用が高いものの、機能が優れていて使いやすいのがAutoCADという種類のソフトです。そんなCADにはたくさんの種類が存在しています。

導入費用が安価で、最近では日本の大手企業でも積極的に導入されているDWG互換CADという種類もあります。ここで注目してほしいのは、DWG互換CADというソフトも1種類だけではないという点です。そこで主なDWG互換CADソフトウェアの種類を紹介させていただきます。
1つ目はドイツ製のAutoCADを基にしたアレスです。2つ目はインテリジャパンという会社が開発したアイジェイキャドになります。

3つ目はベルギーの会社で開発されたブリクスキャドです。4つ目は世界80か国以上で使用されているゼットダブリューという種類なのですが、これだけ見ても、世界中でDWG互換CADが使用されているということがわかるでしょう。それだけ設計を行うのには優れているソフトだということです。簡単な設計から細かくて難しい設計までできるので、今後も導入する企業は増えていくことが予想されます。

ソフトの特徴

DWG互換CADと言われても、よくわからない上に、一般的なCADと比べて何が異なっているのか知らない人もいるでしょう。実際に導入したことがある会社で勤務している人や、設計に精通している人であれば知っているでしょうが、初めて導入する人の場合には、不安なことや疑問に思うこともあると思います。DWG互換CADというのは、DWGデータの編集や作業を行える高いデータ互換性を実現させたソフトです。

一般的によく使用されている種類は、AutoCADと呼ばれている種類なのですが、このソフトはとても優れており、たくさんの機能が使用できる反面、導入費用が高くなってしまうというデメリットがあります。そんなAutoCADのデータにも対応できるので、最近では導入する企業が増えてきたと言えるでしょう。ただし、AutoCADの最新バージョンには対応できないこともあります。

しばらくすると対応できるようになっているのですが、それまでの期間が長い場合もあるので、必ずしもメリットだけだとは限りません。操作方法などもAutoCADとあまり変わりありませんので、実際に導入したからと言って、操作方法に戸惑ってしまうようなことは殆どないでしょう。もちろん全く同じというわけではないので、一部機能が追加されている場合や、使えなくなっている機能もあります。

DWG互換CAD

住宅の設計や製品を作るための設計を行うのに欠かせないソフトが設計ソフトなのですが、現在ではいろいろな種類が出ています。種類によって使用できる機能や使いやすさが異なっていますが、そんな中でも企業で最も多く使用されているのがCADと呼ばれているソフトです。CADは機能もいろいろとありますし、初心者でも比較的扱いが楽なのが特徴です。ただし、設計というのはソフトの使用方法よりも、設計する物の知識が必要になります。

古くなったとしてもバージョンアップできますし、CADにもいろいろな種類が存在しています。基本的に業務用として用いられているソフトなので、導入するとかなり高い金額を支払わなければいけません。そのため、少しでも使う費用を抑えるために、一部の機能が制限されているソフトなどを導入することもあるのです。そこで現在多くの企業が注目しているWG互換CADですが、従来使用されてきたファイルの読み書きなどもでき、安価であることが特徴です。

実際に有名な大手建設企業などでも導入されており、特に支障なく使用されているという報告も行われています。日本が技術大国である理由は、製造技術の高さだけではなく、設計技術の高さもあるのですが、DWG互換CADの導入が盛んになっても、設計技術が低下することはありません。それだけメリットが大きいソフトなのです。当サイトでは設計ソフトの定番であるCADの中でも、DWG互換CADに絞っていろいろな情報を提供させていただきます。