DWG互換CAD

住宅の設計や製品を作るための設計を行うのに欠かせないソフトが設計ソフトなのですが、現在ではいろいろな種類が出ています。種類によって使用できる機能や使いやすさが異なっていますが、そんな中でも企業で最も多く使用されているのがCADと呼ばれているソフトです。CADは機能もいろいろとありますし、初心者でも比較的扱いが楽なのが特徴です。ただし、設計というのはソフトの使用方法よりも、設計する物の知識が必要になります。

古くなったとしてもバージョンアップできますし、CADにもいろいろな種類が存在しています。基本的に業務用として用いられているソフトなので、導入するとかなり高い金額を支払わなければいけません。そのため、少しでも使う費用を抑えるために、一部の機能が制限されているソフトなどを導入することもあるのです。そこで現在多くの企業が注目しているWG互換CADですが、従来使用されてきたファイルの読み書きなどもでき、安価であることが特徴です。

実際に有名な大手建設企業などでも導入されており、特に支障なく使用されているという報告も行われています。日本が技術大国である理由は、製造技術の高さだけではなく、設計技術の高さもあるのですが、DWG互換CADの導入が盛んになっても、設計技術が低下することはありません。それだけメリットが大きいソフトなのです。当サイトでは設計ソフトの定番であるCADの中でも、DWG互換CADに絞っていろいろな情報を提供させていただきます。